英語の予備校を選ぶポイントは何か

英語の予備校を選ぶ際の大切なポイント

予備校 英語教育の窓:話す受験英語、予備校が講座 導入控え、高1向け

英語の予備校を選ぶ際の大切なポイント / 原文を読み理解すできる能力を身に付けなければなりません / 日本の大学は従来に比べて授業の内容が高度になる傾向がある

英語の予備校を選ぶ際には、総合的に英語に関する能力を身に付けることができるかをポイントとすることが大切です。
大学受験に必要な英語力を身に付けるために文法やライティングの能力を重視する人も少なくありませんが、これでは入学してから様々な英語に関する学習についていけなくなってしまうことになるため十分に気をつけなければなりません。
古くから入試における英語は文法の問題やライティングの問題が中心となっていることが多く、その時間の関係からヒアリングやコミュニケーションの試験についてはあまり積極的に行われない傾向がありました。
また入試の時間が短いため充分に内容を理解することができなくても一定のレベルでその概要が理解されていれば合格点とされることも多いため、あまりその学習に力を入れていない人も多いのです。
そのため予備校を選ぶ際にも文法やライティングを集中的に教えるところを選ぶことが多く、また多くの学校はその入試対策に力を入れることが一般的となっている傾向がありました。
現代では英語によるコミュニケーションを行う事は必須の時代となっています。
日本にも多くの外国人が訪れるようになり日常的に外国人と会話することも非常に多くなっているため、コミュニケーション能力は非常に重要視されている傾向にあります。
その中でもヒアリングとリーディングはこれまで入試の中ではあまり重要視されていなかったのですが、日常生活の中では特に重要なものとして認識されつつあり、将来様々な仕事を行う上でもこの能力が非常に重要視されることが多くなっているのです。

N予備英語科会🍶https://t.co/AOkwVmux9X N予備校 #大学受験

— 中久喜 匠太郎 (@n_nakakuki) 2018年10月10日