英語の予備校を選ぶポイントは何か

原文を読み理解すできる能力を身に付けなければなりません

入学してからの学習においてもリーディングは非常に重要な能力となります。
学部によっても異なりますが、和訳された文章を読む場合と原文をそのまま読む場合とではそのニュアンスが大きく異なることがあり、さらに場合によってはその和訳が忠実に原文の表現を継承していないことも多いため、意味を取り違えてしまうことも多いのです。
これは専門的な文献であればあるほど顕著になる傾向があり、技術的な内容についてはしっかりとその原文を読み理解することができる能力を身に付けていなければなりません。
そのためリーディングは非常に重要な能力となりつつあるのです。
一般的な学生は受験勉強をする場合に入試対策をしっかりと行うものです。
志望する大学の入試問題を事前に入手しどのような問題が出題されているかを研究する事は大学の入試に合格をする上で非常に重要な作業と考えられており、予備校においてもこの対策に力を入れているところが少なくありません。
その中でも大学により出題傾向が異なることから志望する大学によって学習の内容を変えている予備校も多く、特定の大学に多く合格者を輩出している予備校は特にこのような対策を重点的に行っていることが多いのです。
ただしこのような予備校の中には入学はしたけれど授業についていけずに途中で脱落をしてしまう人が多いところも少なくありません。
その大きな理由は入試に力を入れるあまり入学してからの学生生活における勉強の仕方についてしっかりと教育していない部分があるためです。

英語の予備校を選ぶ際の大切なポイント / 原文を読み理解すできる能力を身に付けなければなりません / 日本の大学は従来に比べて授業の内容が高度になる傾向がある